DR. AKIRA INOUE, WELCOME TO THE WEB OFFICE OF AKIRA INOUE (PH.D., ATTORNEY & COUNSELLOR AT LAW, ADMITTED IN JAPAN & NEW YORK STATE, UNITED STATES OF AMERICA)


井上朗博士の執務室
Dr. Akira Inoue
PROFILE

主要業務の紹介 論文・資料集 ワンポイントアドバイス 免責事項


独占禁止法の法律相談.com
当サイトの運営者である小職が運営する独占禁止法上の問題についての解決策を解説するサイトです
「リニエンシーの実務」
小職の米国での研究結果の一部である「リニエンシーの実務(競争法の荒波から企業を守れ)」が発売されております。
ご注文はこちらから。
「B2B取引コンプライアンスバイブル」
小職の研究成果の一環であり、博士論文執筆による分析成果でもある「B2B取引コンプライアンスバイブル(競争法的コンプライアンスの理論と実践)」が発売されました。
ご注文はこちらから。
「Japanese Antitrust Law Manual, Law, Cases and Interpretation of the Japanese Antimonopoly Act」
小職が執筆した英文による独占禁止法の解説書がKluwer Law International社から出版されました。日本でも購入が可能です。
ご注文はこちらから。
ヴァージニア大学研究記
2004年8月から2005年8月にかけての小職の米国での研究日記です。
NOEL'S DIARY
小職の愛犬、ディック一家の日記です。


ヴァージニア大学研究記/USA for a Young Lawyer from Japan
Drafted by Dr. Akira Inoue
MASTER'S THESIS

Thomas Jeffersonの自宅であったMonticello
May 18, 2005 おかげさまで、小職のUVAにおける研究の集大成ともいえる修士論文を完成させることが出来ました。修士論文の概要につきましては、下記のABSTRACTをご参照いただきたいのですが、B2Bに対する競争法的検討、B2B上で発生しやすい買手寡占市場についての経済学的検討、Oligopsony Agreementに対する米国における法的対応、日本の独占禁止法第2条6項の解釈上、Oligopsony Agreementに対して、どのようなアプローチが可能であるのか、Oligopsony Agreementを間接事実、状況証拠から認定する際に考慮可能なファクターにはどのようなものがあるのかといった諸点を検討させていただきました。
 Oligopsony Agreementを間接事実、状況証拠を元に認定した事例は米国でもまだ存在しないのですが、Oligopsony Agreementがworkするためには、経済学的要因として不可欠な要素があり、かかる要素が存在し、かつ、市場における購入価格がcompetitive levelより低下している場合には、Oligopsony Agreementを認定しやすいといえます。B2Bの管理者としては、このような経済学的要因が存在していることを知り、または合理的な努力を払えば知ることが出来たにも関わらず放置をしていた場合には、Suppliersに対して法的責任を負担しなければならない可能性が発生してきてしまいます。逆に、B2B市場を管理者としては、当該経済学的要因を消滅させるために合理的な努力を払っておけば、市場の管理者としての法的責任を回避できる可能性が高くなるといえます。小職の修士論文では、市場の管理者の法的責任について、深い検討をすることが出来ませんでしたが、今後の課題として更に研究を深めたいと思います。
 また、Regular Bargaining PowerとOligopsony Powerの相違については、独占禁止法的な観点からの検討を十分に積むことが出来たのですが、経済学的検討については、更に検討を深める余地があると考えています。小職の修士論文で検討しているMarket SpoilageをExploitするための、bargainingは、illegal exercise of market power のジャンルというよりも、regular bargaining powerのジャンルであり、したがって、per se approachが妥当しないという結論がよりストレートに導き出せるのではないかと考えております。この点についても、更に、研究を深めたいと思います。


C'villeから200マイルほど離れたGettysburgのBattle Field。南北戦争の最後の決戦地で、多くの史跡が保存されていました。

C'villeから180マイルほど離れたBaltimoreのInner Harborの一風景
以下、小職の、修士論文のABSTRACTです。

AUTHOR

Akira Inoue

SUPERVISING PROFESSOR


Charles J. Goetz

ABSTRACT

B2B is a business-to-business market place that uses internet to connect each other business. It has gotten a lot more attention recently in Japan as well as in the U.S. because it is possible to lower the procurement costs of raw material and accomplish several procompetitive effects such as communication efficiencies. However, in spite of these pro transactional natures of B2B, it could also cause anticompetitive effects on market place. In other words, the fact that buyers communicate easily through the internet means they could easily form a cartel or conclude an agreement to restrain the free competition and it is easy to detect deviation from those agreements. There must have been buyers’ anticompetitive agreements long before B2B and these agreements were concluded without using the internet-based communication. However, the potential for B2B to aid buyers’ agreements is worth to get attention. Despite this importance, there have been little cases and studies concerning buyers’ agreement even in the U.S. and, in Japan, there have been neither cases nor the detail examination by the governmental agencies about buyers’ anticompetitive agreements. This is because traditionally sellers have had a strong bargaining power over purchasers. Therefore, little attention has been focused on anticompetitive effects which might be caused by buyers’ agreements. The internet, however, drastically changed the bargaining power balance between sellers and purchasers. It has made possible for purchasers to form a cartel to decrease the input purchased and lower the price through the web-based communication. The paper examines the competitive aspects of B2B from the view point of the antitrust law and analyzes oligopsony, that is, buyers’ collusion to exercise their market power to decrease the price of the products they are going to buy from suppliers by depressing the quantity of input purchased artificially.Drawing on microeconomic theory and antitrust law, the interdisciplinary work in the paper explores the implications of oligopsony, or buying power, for antitrust policy. The paper offers a systematic treatment of the topic, demonstrating that whether or not oligopsony power exists because of a dominant buyer or collusion among buyers, it can cause social welfare losses analogous to those occasioned by monopoly. The paper also discusses bilateral monopoly and offers a principled basis for distinguishing between socially desirable and undesirable cooperative buying. In addition, the paper analyzes the legal response to an oligopsony agreement in the U.S. as well as in Japan in order to examine how an oligopsony agreement should be treated. Further, the paper discusses tangential facts and circumstantial evidence to find an oligopsony agreement, because, in the antitrust practice, whether or not it is possible to find an agreement is sometimes the decisive point. The paper tries to provide the practical precepts to find an agreement which would be concluded on B2B.

United States of Americaの国歌 "Star-Spangled Banner”の発祥地であるBaltimoreのFort McHenry。1814年の米英戦争では、この地が激戦地でした。

MarrylandのState CapitalであるAnnapolis。独立当初は、この地がアメリカ合衆国の首都でした。現在では、古きアメリカの趣を残す小都市です。
Record of Study at University of Virginia
Virginia Top Page
2004.8.15 Arriving at Charlottesville
2004.9.11 Fall Semester Has Started
2004.10.16 Respire to Have Fall Break
2004.11.7 Red Leaves in Charlottesville
2004.12.20 Merry Christmas in Charlottesville
2005.1.22 Snow Fall in Charlottesville
2005.3.5 Japanese Antitrust Regulation of Cartels
2005.3.20 Spring Break at UVA
2005.3.28 The Southern Hospitality
2005.4.8 Spring Has Come at Charlottesville
2005.4.18 LL.M. CONFERENCE 2005
2005.5.8 Final Examination at UVA
2005.5.22 Commencement at UVA
2006.6.27 Swearing in Ceremony at Albany
Record of My Study after University of Virginia
2007.8.2 Ph.D. Degree at Chuo University
 
お問い合わせ  (C) AKIRA INOUE ALL REIGHT RESERVED.